微妙に左右の色が違う私の前歯・・・

中学生の頃、朝起きて鏡を見て絶叫した。

昨日は確かにあったはずの右の前歯が半分ないのだ。
朝起きてすぐ、息が漏れている感じがして「何か変だ」と鏡を見て、事態の深刻さに愕然とした。

思春期で自意識過剰真っ盛りの女子中学生だった私。
前歯が半分ない状態で登校など絶対できない。

幸い我が家は共働きの両親で、私が登校する時刻には既に両親は仕事に行った後だったので、学校はすぐに休むことに決めて、開院前の歯医者さんへ直行。
ドアが開くのを今か今かと待ち構えた。

一番に診察してもらうと、先生は苦笑いしながら、「ここまでなるまで放っておいたらいかんわな」と一言。
だって、歯が半分なくなるまで痛くも痒くもなかったんです。
そう訴えても、「学校で歯医者に行けって紙もらわなかった?」と。
あーー・・・そういえば集団検診受けた後に何かもらったような。
でも、痛くないし、まぁいいかと放っておいた。
それが、この結果か。

それから半年以上にわたる虫歯治療が始まった。
前歯だけでなく、たくさんの虫歯があったようで、実に長い通院だった。

しかも、前歯に限っては保険がきかない。
親にも散々怒られ、呆れられ、踏んだり蹴ったりだった。

あれから数十年。
今も右の前歯は差し歯である。
社会人になって初めて頂いたボーナスで、ちょっと高めの歯に入れ替えたけど、どうしても左の前歯と全く同じ色にはならず、微妙に白い私の差し歯。
笑顔の写真を撮るたびに前歯が気になって、私の自意識過剰は今も健在。

今、二人の子持ちになった私は必死に子供たちに説く。
「お母さんみたいにならないように、食べた後寝る前には必ず歯磨きを!」
このセリフを言うたびに情けなくて涙が出そうになる私である。

【参考サイト】ちゅらトゥースホワイトニングは研磨剤不使用の自宅用ホワイトニング
【URL】http://www.thepopcapreview.com/

無理をせず体を大切に

私は健康のために、極力なんでも無理をしないことを気を付けています。例えば食事だと、食べたいからといってドカ食いするのはやめ、腹八分目を心がける、などです。食欲に任せて食べてしまうと、胃をおかしくしてしまったり太ってしまったり、といいことがないので、食事の量には注意しています。

あとは、普段の生活でストレスを溜めないことも大事だと思っています。ストレスが溜まってしまうときってやっぱり何か無理がかかっていることって多いので、小さいことはまだしも、後々まで自分のストレスになってしまうようなことはしないようにしています。

そのためには、生活や時間にゆとりを持って、今自分がすべきことをする、という当たり前のことをするのが一番無理をしない生き方だと思っています。そんな自分の身の丈を知った、背伸びをしない生き方が自分の健康にもつながっていくのではと思っています。

自分の体は1つしかないので、無理をせず体を大切にしていきたいと思っています。

野菜を食べて腸内細菌を育てよう

現代人の食生活に決定的に不足しがちなもの、それは何だと思いますか?

とくに日本人の場合、欧米風の肉食文化が入ってきてから、その傾向は顕著になってきています。不足しているもの、それは食物繊維なのです。食物繊維は精製されすぎていない穀類(玄米など)やイモ類、そしてごぼうなどの野菜に多く含まれています。食物繊維は実は腸まで分解されずに届く数少ない栄養素で、腸内細菌のエサになることがわかっています。現代人の食生活は食物繊維が不足しており、そのため腸内細菌の種類や全体数が激減してそれが原因で様々な病気にかかってしまうこともあるそうです。

白いご飯や白いパンにはほとんど繊維は含まれていません。それでも白いご飯は日本人の食生活には欠かせないもの。ならばやはり繊維は意識して野菜から摂るしかないのです。食物繊維の多い野菜は、ゴボウやモロヘイヤ、おくら、春菊などです。また食物繊維の多い野菜代表選手、さつまいもなどのイモ類などもしっかり食べるようにしましょう。

歩くだけなら誰でもできる

学生の頃は体育の授業で半ば強制的に運動をしていましたが、社会に出てからは自発的に動かない限りは運動の機会もなく、特にデスクワーカーの身では、運動量は無いに等しいようなものですよね。

ただでさえ年齢と共に筋力や代謝は落ちると言われているのに、慢性的に運動不足の状態では、健康に良いはずはありません。

一口に運動と言っても、いきなりハードな運動は体に負担が掛かりそうですし、何より継続することが難しそうですので、手軽に毎日続けられる事を重視して、まずは通勤電車で座席が空いても座る事を止めました。
吊皮につかまらずに電車の揺れに対抗することで、筋力アップになっていると信じています。

そして本来降りる駅よりも1駅手前で降りて歩くようになりました。
始めのうちは1駅が遠くて辛いと思ったのですが、慣れてくると歩く事は心地よく、時間がある時には乗る駅も1駅ずらしたり出来るようになりました。

歩くことで心肺機能や代謝が良くなったせいか、冷え性やむくみも改善されましたし、貧血を起こす事も減り、お通じが良くなったのも嬉しいですね。
やはり健康と毎日の軽い運動は、切っても切れない関係なんですね。

適度な運動でリフレッシュと健康維持を

私は、営業職の為外出して仕事をすることが多いです。移動も多いのですが、そんな時はできる限り歩くようにしています。細かいですが、駅の階段の上り下り、エスカレーターがありますが黙々と階段を行きます。更に、都内などで地下鉄の駅2駅程度だったら時間が許せば歩くようにしています。仕事で遅くなってもこれなら日中に適度な運動をすることになっていると思っています。

更に、1日中社内で仕事をする場合も、昼休みは15分位を使って歩くようにしています。具体的には30分以内にゴハンをすませて、残りの15分から20分を近場をウォーキングしています。今だと暑くて汗をかきますが、15分程度で荷物も持たずに歩くのはとても気持ちが良いです。

更に、休日には家の近所にある土手を自転車で走ります。時間を決めている訳ではないですが、目的地を適当に変えながら45分から1時間程度です。ちなみに、自転車に乗るだけではなく、時には好きな歌も歌って爽快な気分になって、かなりリフレッシュしています。
ストレス解消にもなるし、おまけに体重も減らせるし健康にとっては一石二鳥な感じです。

消化には思いのほかエネルギーを使う

疲れすぎで消化不良を起こした経験があります。
睡眠時間も少なくて、本当に疲れ切っていたのですが、仕事が立て込んでいて、どうしても休むことができない日々が続いていました。

そして胸がむかむかして、急に吐き気が来て、会社のトイレで戻してしまったんですね。
すぐに病院に行ったんですが、疲労で胃の働きが止まって、消化できずにいたという事です。
その時に、お医者さんから書物を消化するにはとてもエネルギーが必要であり、身体がつかれて医の働きが鈍ると消化が出来なくなってしまうという話を聞きました。
疲れている時には普通通りの食事をしてはいけないという事です。

例えば、お肉とか揚げ物なんかは大変消化しにくい食品だと言いますよね。
だから、疲れている時にそういう食事はしない方が良いという事です。
疲れているからこそ、スタミナをつけたいという気持ちは分からなくもありませんが、スタミナたっぷりのおかずを食べて、その後体に負担がかかり、吐き戻してしまうようなことがあれば食事をした意味もありません。

だから、スタミナ食というのは身体が元気になってから食べるものであり、本当に体が疲れている時には、お粥とかうどんとか、胃に負担をかけず、消化に優しいものを食べ、身体の回復を待つ方が先なのです。