日焼け対策

美容のために日焼け対策を入念におこなっています。
顔は化粧下地の下に日焼け止めを二度塗りします。
腕や足、それと首も入念に塗っておきます。
そとに出るときは、必ず帽子をかぶります。

また日差しの強い時期には日傘も必要です。
日焼け止めはこまめに塗りなおします。

どんなに効果の高い日焼け止めでも6時間で効力はなくなると聞いたことがあります。
一日中外にいるときは2回ほど塗りなおします。
最近はスプレータイプの日焼け止めもあるので忙しいときに便利でよく利用しています。

また曇りの日も同じです。
というのも、曇りの日は晴れの日の実に60パーセントの紫外線がふりそそいでいるのです。
冬も紫外線対策は怠りません。

とくに顔は年中太陽にさらしているので油断禁物です。
紫外線は、シミの原因として知られています。
シミは主に30代から、少しずつ現れ始めるのですが、いかに若いうちから対策をしているかで、まったく違うそうです。
二十代後半の私も、気を引き締めてこれからも紫外線対策にとり組みます。