子供の野菜嫌いをなおしたい

うちの子供は野菜が大嫌いです。
細かく刻んでハンバーグに入れても食べません。炊き込みご飯のにんじんも、とってくれなきゃご飯食べないと言います。焼きそばのたまねぎも取って食べます。
とにかく食べず嫌いで、野菜は苦いと思い込んでいます。
何で子供は野菜が嫌いなんでしょう?

自分の子供時代を思い返してみると、大人になった今より食べられない野菜が多かったように思います。
ピーマンも何となく嫌いだったし、ナスも見た目で嫌いでした。
今では、ピーマンはちょっと苦味があるけどおいしいし、ナスはいろんな料理に合うので大好きです。
子供が野菜を嫌いなのって、イメージなんじゃないのかと思います。ピーマンやナスって色が濃くて見た目がちょっと怖いですよね。

うちの子供は、ちいさい頃に野菜に対するイメージ作りを失敗してしまったのかもしれません。トマトって甘い!きゅうりってカリカリしておいしい!という、野菜に対してプラスのイメージの体験をさせてあげないといけないと思います。
野菜を食べると体にもいいし、何より、食べ物を食べる楽しみが何倍にも増えると思います。
今年の夏は家庭菜園を試してみようかなと思います。大人も楽しんで野菜を食べていたら、それが子供にも伝わるかな?伝わるといいなと思います。

小松菜メニュー開発に夢中!

今年は我が家の家庭菜園に小松菜がエントリーしました。
それまでは買っていたのですが、お高いからたまにしか口に入らなかったのです。
毎日のように台所に届くようになったので、あれこれ試してみました。

直ぐに思いついたのは、お肉との炒め。
小松菜は味よりも歯応えが自慢の野菜ですから、主張の強いお肉との相性は抜群です。

次に、おひたしに挑戦。
ん~、イマイチかな。
さっぱりし過ぎて、私的にはリピートなしの仕上がりでした。

次は漬物。
塩だけの味付けです。
これは奥が深いと何度も繰り返して作り直しました。
何故かというと、塩が少ない浅漬けだと、美味しくありません。

減塩は諦めて、塩はしっかりと使うと○。
鷹の爪をプラスすると、尖った味になるので、ごま油を少々加えるといい感じです。
柚子があれば、盛り付けた後に果汁を掛けると料亭の味のような上品さが生まれます。

いいですねえ、小松菜。
あまり火を通し過ぎると美味しくない気がします。
ササッと調理をして食べるのは、野菜本来の旨味を味わえていいですね。
小松菜研究、しばらく続きそうです。

小さな姫たち

家には10ヶ月と3歳の娘がいる。
産まれた時は二人してパパそっくりだったのに、成長するに従って私に似てきた。

可愛い姫と言いたいとこだけど女王様だ。
ワガママだし、ワガママだし、ワガママ・・

そこが可愛いんだけどね。って思って攻防戦を繰り広げてる娘らと母ちゃん。
ワガママもイタズラも成長の過程だしね。
こっちはイタズラだと思っても本人は真面目だったりもするから無碍に叱らないようにしてる。

ベランダにクッキーをばらまいてる。
イタズラだと思ったけど大好きなおやつをばらまくって解せない。
下に落ちたのは食べられないって言ってあるし。

そしたらハトポッポとかありさんと半分こって。
これは叱れないけど、お家に入ってきちゃうよ、そしたら住めなくなっちゃうって言ったら止めてくれたけど。

野菜室から野菜を引っ張り出してた時もママのご飯を作ってあげるねって。
ワガママだけど優しい娘に成長してると思う。

行き始めた幼稚園でも泣いてる子の頭を撫でてあげたりティッシュを渡したりしてるらしい。
こんな話を先生に聞かされたら普段のワガママなんて可愛いもんだわ。
ベジママ
【参考URL】http://www.kalurghat.com/

野菜を食べて腸内細菌を育てよう

現代人の食生活に決定的に不足しがちなもの、それは何だと思いますか?

とくに日本人の場合、欧米風の肉食文化が入ってきてから、その傾向は顕著になってきています。不足しているもの、それは食物繊維なのです。食物繊維は精製されすぎていない穀類(玄米など)やイモ類、そしてごぼうなどの野菜に多く含まれています。食物繊維は実は腸まで分解されずに届く数少ない栄養素で、腸内細菌のエサになることがわかっています。現代人の食生活は食物繊維が不足しており、そのため腸内細菌の種類や全体数が激減してそれが原因で様々な病気にかかってしまうこともあるそうです。

白いご飯や白いパンにはほとんど繊維は含まれていません。それでも白いご飯は日本人の食生活には欠かせないもの。ならばやはり繊維は意識して野菜から摂るしかないのです。食物繊維の多い野菜は、ゴボウやモロヘイヤ、おくら、春菊などです。また食物繊維の多い野菜代表選手、さつまいもなどのイモ類などもしっかり食べるようにしましょう。

若い頃から常に自分を磨いています

私は、若い頃から常に自分を磨いています。

体型については絶対に太らないように毎日体重計に乗って気をつけていますし、シワやシミに関しても毎日鏡を見て少しでも増えたり酷くなったりしていないかとチェックをしています。
もしシワが増えていた時は保湿を入念に行ってそれ以上酷くならないように気をつけるようにしています。

また、外側からだけではなく体の内側からもきれいになるように食生活にもかなり気を使っています。納豆や青汁はもちろんのこと、ビタミンCやコラーゲンなどのサプリメントも毎日摂取することで肌を衰えさせないように気をつけています。

そして、ヨーグルトを毎日食べることで腸内環境を整えて、病気をしにくい体を作ることにも気を使っています。また、見た目以外では、汚い言葉を使わないように言葉遣いにも気をつけていますし、歩き方や姿勢までもいつも気にしています。

あとは、骨盤が歪まないように骨盤矯正の効果があると言われている体操も毎日しています。

このように、私はいつも色々な角度から自分磨きをしています。

3キロをあっという間に減らすには

一日のカロリーを減らしたり運動をしたり、ダイエットに絶え間ない努力をしている人はたくさんいるはずです。
そこであと3キロをあっという間に減らす食事のちょっとしたポイントをご紹介します。

人には基礎代謝というものがあります。朝起きてから寝るまでに一般の女性で動いている度合いが軽い人で、1100~1200キロカロリーといったところでしょうか。このカロリーを超えれば体内に蓄積され、少なければ体内の脂肪をまずは使おうとするので、痩せるわけです。

といっても、仕事があったり、家事があったりと動いている時間も多いはずです。このようなことを視野に入れると、一日に摂取するカロリーを1500キロカロリー程度に抑えれば体内の脂肪を使ってしまった後、あっという間に体重が落ちていきます。

目標が3キロであればまずは朝食を脂肪0のヨーグルトと、飲める人は濃縮タイプのトマトジュースにしましょう。

ここで気を付けなければいけない点は、ただカロリーだけを減らしてはいけないということです。カロリーだけを減らすと、必ず摂らなければならない栄養素が足りなくなって体をこわしてしまいますので、注意してください。

朝食で脂肪0のヨーグルトを250g、そこにできればスキムミルク10gとハチミツを5gかけて食べます。トマトジュースは200g飲みます。このメニューにするだけで、朝食を200キロカロリーに抑えられるだけでなく、カルシウム、ビタミンAの一日分を摂取できてしまうのです。

昼食、夕食はできるだけ手作りにし、野菜をたくさんたべることと、たんぱく質は採らないといけないので、脂肪分の少ない肉類、魚類を食べるようにしましょう。
3キロの目標であれば、これだけ気を付けるだけで、1ヶ月もするころには体重が減っているはずです。

ワキガ疑惑

私はものすごく暑がりで汗っかきで、とくに脇汗を尋常ではなくかいてしまうのです。
そのせいでよくシャツなどの脇の下がビチャビチャになり乾いてくるとすごく臭くなってきます。

あの洗濯の生乾きみたい臭いを自分的にすごく感じてるので周囲の人の目が気になっちゃって仕方ありません。
自分が臭いって感じるたびにきっと周りの人も臭いって感じてんだろうななんて思うと毎回憂鬱になってきちゃうもんです。

あとそれにともなって人からは言われたことはないのですが、もしかしたらワキガなのかもしれないと思っています。
知り合いにワキガの人がいますが、あれはかなり周りを巻き込む嫌な臭いですもんね。

たまに自分の脇の下の臭チェックをしてみるとほんのりその兆候を感じるんです。
他人と自分では自分の臭いの感じ方は違うと思うんですが、これがどの程度他人に思われているのか気が気ではありません。

一時期、脇汗スプレーなんかで対処しようとしていたのですが、いかんせん脇汗が半端じゃないのでスプレーしたところで完全に汗に負けてしまうのです。
こういう事ってなかなか誰かに相談しづらいので非常に悩んでいます。

女性のためのワキガクリーム⇒クリアネオ

歩くだけなら誰でもできる

学生の頃は体育の授業で半ば強制的に運動をしていましたが、社会に出てからは自発的に動かない限りは運動の機会もなく、特にデスクワーカーの身では、運動量は無いに等しいようなものですよね。

ただでさえ年齢と共に筋力や代謝は落ちると言われているのに、慢性的に運動不足の状態では、健康に良いはずはありません。

一口に運動と言っても、いきなりハードな運動は体に負担が掛かりそうですし、何より継続することが難しそうですので、手軽に毎日続けられる事を重視して、まずは通勤電車で座席が空いても座る事を止めました。
吊皮につかまらずに電車の揺れに対抗することで、筋力アップになっていると信じています。

そして本来降りる駅よりも1駅手前で降りて歩くようになりました。
始めのうちは1駅が遠くて辛いと思ったのですが、慣れてくると歩く事は心地よく、時間がある時には乗る駅も1駅ずらしたり出来るようになりました。

歩くことで心肺機能や代謝が良くなったせいか、冷え性やむくみも改善されましたし、貧血を起こす事も減り、お通じが良くなったのも嬉しいですね。
やはり健康と毎日の軽い運動は、切っても切れない関係なんですね。

適度な運動でリフレッシュと健康維持を

私は、営業職の為外出して仕事をすることが多いです。移動も多いのですが、そんな時はできる限り歩くようにしています。細かいですが、駅の階段の上り下り、エスカレーターがありますが黙々と階段を行きます。更に、都内などで地下鉄の駅2駅程度だったら時間が許せば歩くようにしています。仕事で遅くなってもこれなら日中に適度な運動をすることになっていると思っています。

更に、1日中社内で仕事をする場合も、昼休みは15分位を使って歩くようにしています。具体的には30分以内にゴハンをすませて、残りの15分から20分を近場をウォーキングしています。今だと暑くて汗をかきますが、15分程度で荷物も持たずに歩くのはとても気持ちが良いです。

更に、休日には家の近所にある土手を自転車で走ります。時間を決めている訳ではないですが、目的地を適当に変えながら45分から1時間程度です。ちなみに、自転車に乗るだけではなく、時には好きな歌も歌って爽快な気分になって、かなりリフレッシュしています。
ストレス解消にもなるし、おまけに体重も減らせるし健康にとっては一石二鳥な感じです。

美肌を守る

紫外線を浴びると皮膚の老化につながると巷ではささやかれております。最近のオゾン層の破壊を思い起こしてもしかり、強い日光を浴びると肌にいかにダメージがあるのでしょうか。

私にはお金をかけずに毎日気を付けていることがあります。それは、基本的に絶対に日に焼かない、ということです。これは時節を問わず、若い頃から常に気を配ってきたことでした。例え曇りだろうと真冬であろうと、紫外線は降り注いでいます。電車での通勤でも、窓際には決して立ちません。帽子はなるだけつばの広めのものをかぶります。お化粧の下地には必ずUVクリームを塗ります。首筋、手、腕、にも忘れずに。

ウグイスのふんでの洗顔も若い頃から継続中です、お肌がしっとりスベスベになるし、独特の香りも癖になっております。なぜだかホンワカした懐かしい香りに包まれます。

また、レモンを絞ったものに黒蜜を入れたり、家庭菜園の野菜にアセロラを混ぜたジュースやを愛飲しております。
外から内側からも綺麗になり、何歳になっても美しい肌を守り続けていたいものです。